Clarity AI、基準を満たす持続可能な投資ファンドはわずか20%であると調査

Clarity AI、基準を満たす持続可能な投資ファンドはわずか20%であると調査

5月15日、サステナビリティ・テクノロジー・プラットフォームのClarity AIが発表した新レポートによると、EUの持続可能な金融情報開示規則(SFDR)の第8条に分類されるサステナビリティラベル付き投資ファンドの大部分は、グリーンウォッシュリスク低減を目的とした新しいファンド表示規則の基準を満たすことが判明した。

また同レポートによると、EU、英国、米国において、「サステナブル」と表示されたファンドが、提案されているファンド表示規則を満たすものはほとんどないことがわかった。

第8条ファンドの4分の1以上が、ファンド名にESGやサステナブルの用語を含んでいる。今回の調査では、これらのファンドのうち、新しい制度で提案された基準を満たすものはごくわずかであることが判明した。例えば、第8条ファンドの調査において、「サステナブル」(または類似の)用語を含むファンドのうち、ESMAの50%の投資基準を満たす予定のものはわずか20%であり、さらに20%は10%未満のサステナブル投資を行う予定であることを発見した。

また、EU、英国、米国におけるファンドの規制案への準拠状況を調査したところ、「サステナビリティ」を名称に含むファンドのうち、少なくとも1つの規制案の基準を満たしているのは15%にとどまり、ESG関連用語を含むファンドは59%とやや良好な結果であった。

さらに、これらのファンドのうち、複数の規制案の表示要件を満たすことができるものはかなり少ない。少なくとも1つの規制案の要件を満たした “Sustainability-“ラベルのファンドのうち、2つの規制を満たしたファンドはわずか15%、3つすべてを満たしたファンドはわずか4%であった。

Clarity AIのプロダクト・リサーチ&イノベーション責任者であるPatricia Pinaは、本レポートでは、規制当局によって解釈が異なるため、「3つの市場すべてで販売するためには名称変更や再構築が必要になる」ことを強調した。

【参照ページ】
(参考記事)Clarity AI: Only 4% of “Sustainable” Investment Funds Would Automatically Comply with Requirements of US, UK and EU Regulatory Investment Fund Label and Naming Rules

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る