Trane、HVAC製品向けに低炭素鋼を調達

 

11月15日、HVACおよび空調ソリューション企業のTrane Technologiesは、米国のNucorおよびU.S. Steelから低炭素鋼を購入する契約を締結したことを発表した。本契約は、Traneの年間鋼材購入量の20%をカバーする予定である。

同社によると、この鋼材は、家庭用の高効率ヒートポンプやエアコン、商業ビル用の熱管理システムの製造に米国内で使用される予定である。

製鉄業は世界的に見てもCO2の排出量が多い業種の一つであり、この業種からの温室効果ガス排出量(GHG)の合計は、世界の化石燃料の使用による直接排出量の7〜9%を占めている。

Traneによると、新しい購入契約による低炭素鋼は、従来の高炉鋼に比べて炭素集約度が80%近く低く、その結果、年間約16,000メートルトン、2030年までに120,000メートルトンの炭素排出を削減することができるという。

Traneの気候変動に関する目標には、スコープ3排出量(Traneが直接管理できないバリューチェーンの排出量)を2030年までに55%削減する目標、および当社製品の使用による冷却トンあたりの排出量を97%削減する目標、および2050年までにグローバル事業全体でGHG排出量の90%削減を達成する目標が含まれている。製品の使用やサプライチェーンを含むスコープ3の排出量は、同社のカーボンフットプリントの大部分を占めている。

また、同社はSteelZeroイニシアティブに加盟しており、署名者は2030年までに鉄鋼需要の50%を、2050年までに100%をネット・ゼロで調達することを約束している。

【参照ページ】
(原文)Trane Technologies Reduces Carbon Impact of HVAC in Homes and Buildings Through Low-Carbon Steel
(日本語訳)Trane、HVAC製品向けに低炭素鋼を調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る