花王、生物多様性レポートを公表

花王、生物多様性レポートを公表

4月10日、花王は自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)のLEAPアプローチに即して、アクセンチュア株式会社と共同で検討を行ったレポート「生物多様性がもたらすビジネスリスクと機会 –TNFD評価 地域特性を踏まえたケーススタディ–」を公開した。

同社は2022年4月、TNFDフォーラムに参画し、分析手法開発状況の把握や公開された手法に対するフィードバック、他企業との情報交換を行ってきた。また同社は、生物多様性の基本方針の改訂も行い、持続可能な原材料調達や、限られた原料を有効活用するための技術開発を進めてきた。

本レポートでは、「TNFD」(β版v0.3)LEAPアプローチに沿い、生物多様性と事業の関係を確認することに加え、今後の自然の状態と経済発展を考慮したうえで、製造業を想定したシナリオを検討した。生物多様性や経済、社会の変化によって、花王の事業活動や財務情報に、どのようなリスクや機会を与えるのかを考察するとともに、花王のみならず製造業にとって、自然への貢献が高く、事業へのメリットが大きいと思われる事業機会領域を調査した。具体例として、花王における活動事例の紹介も行っている。

花王は、製品やソリューションの提供といった事業活動を通して、生物多様性の保全と回復、そして自然の再生に貢献するとともに、情報開示の試行も重ねる。

【参照ページ】
花王、TNFDのフレームワークを活用した生物多様性に関するレポート「生物多様性がもたらすビジネスリスクと機会」を公開

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る