SDGsへの取り組み強化~日本旅行が目指すサステナブル・ツーリズムとは~

SDGsへの取り組み強化~日本旅行が目指すサステナブル・ツーリズムとは~

 1905年に日本初の旅行会社として、滋賀県草津町(現・草津市)で創業した株式会社日本旅行。2019年12月24日に日本の旅行業界として初となる「SDGs宣言」を行い、持続可能なツーリズムを実現するため「人」「風景」「文化」をテーマに、観光資源とそこに暮らす人々の幸福、そこから生まれる文化の豊かさを守ることを掲げた。

 2020年1月には、SDGsチームが発足し社内により深いSDGs宣言を理解を促す活動をする一方、食事代の一部をアジア・アフリカの子どもたちの給食へ寄付されるTFT(Table for Two)活動をツアーに組み込む提案やJRセットプラン「Carbon-Zero」オプションにより新幹線のCO2排出量をオフセットできるプランを造成。旅を通して今できる事を考えながらSDGs達成に取り組んでいる。

【参照ページ】 SDGsへの取り組み強化~日本旅行が目指すサステナブル・ツーリズムとは~

【参照ページ】 日本旅行の取り組みについて

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る