PRI、2021年度の署名機関年次報告を中止

8月2日、PRI(国連責任投資原則)は、改訂中の署名機関の年次報告フレームワークの進捗状況を公表し、新しいフレームワーク(パイロット版報告書)は論点が残っていると判断し、2021年度の年次報告は中止し、次回の年次報告は2023年1月とすることを通知した。

PRIは、パイロット版報告書については、1,700人以上の署名者からフィードバックを得ている。
ほとんどの署名者は、新しいフレームワークの内容が、過去に比べて責任投資活動をよりよく捉えていると評価しているが、運用会社ごとに意見が異なり、いくつかの分野では注意が必要であったり、特定の署名者に適していなかったりすることが指摘されたと報告している。
さらに、多くの加盟者は、パイロットフレームワークの報告に必要な時間とリソースが高すぎると感じていたとも述べた。

その結果、PRI側の評価が遅延したことと、寄せられた意見を考慮し、次の報告期間の開始を2023年初頭まで延期するという決定をPRIは下した。

【参照ページ】
(原文) Reporting Framework pilot: next steps for signatories

(日本語訳)PRI、2021年度の署名機関年次報告を中止

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る