サステナブル・インフラ投資家Actis、約680億円の日本向け再エネ・プラットフォームを立ち上げ

5月9日、サステナブル・インフラ投資家であるActisは、2027年までに110万kWの陸上風力発電と太陽光発電を実現することを目標に、5億ドル(約680億円)を投じて日本に特化した新しい自然エネルギープラットフォーム「Nozomi Energy」を立ち上げることを発表した。

本プラットフォームの立ち上げは、Nozomiの最初の投資として、再生可能エネルギー開発会社Infrastrutture S.p.A.から、230MWの稼働中および開発段階の太陽光・陸上風力発電プロジェクトと重要な初期段階のパイプラインを含むHergo Japan Energyの100%を取得することと同時に発表された。

本プラットフォームは、日本が再生可能エネルギー容量を急速に拡大しようとしている中で生まれたもの。2021年7月、政府はエネルギー戦略の詳細を明らかにし、2030年までに再生可能エネルギーの割合を20%未満から約倍の36%~38%にする計画を盛り込んだ。日本は2050年までにネット・ゼロエミッションを達成することを約束、2030年までに温室効果ガス排出量を46%削減することを2030年中間目標としている。

Actisは、2022年3月に日本オフィスを設立し、アジアへの大幅な拡大を発表した。

【参照ページ】
(原文)Actis Launches $500m Renewables Business In Japan And Makes First Acquisition
(日本語訳)サステナブル・インフラ投資家Actis、5億ドルの日本向け再生可能エネルギー・プラットフォームを立ち上げ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る