Visa、経済格差是正のため116億円を投資。マイノリティ主導の銀行を支援

 

2月23日、Visaは、全米の有色人種コミュニティにおける経済格差の是正、アクセスと機会の拡大を目的としたプログラム「Visa Minority Depository Institutions Accelerate」の開始を発表した。

本プログラムの下、Visaはマイノリティ預託機関(MDI)に最大1億ドル(約116億円)を投資して融資の活性化を支援するとともに、銀行が顧客層やコミュニティのニーズに対応できるよう、それぞれの銀行に合わせたデジタルソリューションなどを提供する予定である。

Visaは、すでに長年の貧富の格差に苦しんでいるマイノリティ世帯が、COVID-19の大流行から発せられる経済的・健康的ショックによってさらに影響を受けている現状を踏まえ、本プログラムを開始した。

【参照ページ】
(原文)Visa Launches Program to Help Minority Depository Institutions Drive Economic Mobility
(日本語訳)Visa、経済格差是正のため1億ドルを投資、マイノリティ主導の銀行を支援

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る