Robeco、新たなサステナブルローンファンドに約180億円を調達

3月14日、国際的な資産運用会社であるRobecoは、SDGsを審査した企業に投資し、企業の持続可能性向上のための施策に融資する新しいクローズドエンド型プライベートデットファンド「Robeco Sustainable Senior Loan Fund(SLF)」の立ち上げを発表した。

本ファンドは、すでに1億3,000万ユーロ(約180億円)を調達してローンチしており、今年から来年にかけても資金調達の継続を目指すとしている。

Robecoによると、本ファンドは銀行融資から代替金融機関への融資のシフトを目的としている。本ファンドは、ベネルクス、DACH(ドイツ、オーストリア、スイス)、北欧など、「経済的に強く、貸し手に優しい欧州地域」の中堅・中小企業に資本を投下する予定である。

【参照ページ】
(原文)Robeco launches Sustainable Senior Loan Fund
(日本語参考訳)Robeco、新たなサステナブルローンファンドに約180億円を調達

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る