フランスの規制当局AMF、ESGデータおよび格付けプロバイダーへの規制を要請

フランスの規制当局AMFがESGデータおよび格付けプロバイダーへの規制を要請

6月2日、フランスの金融市場規制機関である金融庁(Autorité des marchés financiers: AMF)は、「ESGデータ、格付及び関連サービスの提供者は、規制の枠組に従う必要がある」との声明を発表した。

AMFによる規制の要請は、ESG格付市場の機能及び信用格付におけるESG要因の考慮について欧州委員会が実施中の公開協議に対応するものだ。本コンサルテーションは6月8日まで開催されており、「2023年初頭までにESG格付の信頼性、信用、比較可能性を高める」という欧州委員会のイニシアティブへの情報提供を目的としている。

投資家がESGを考慮した投資プロセスをより一層取り入れるようになり、ESGデータ、サービス、格付けへの需要が急増しているが、プロバイダーの活動やビジネスは一般的に市場や証券規制当局の対象になっていない。

この数ヶ月の間に、この分野を規制監督下に置くことを求める声が大きくなってきた。昨年初め、EUの市場規制機関である欧州証券市場庁(ESMA)は欧州委員会に書簡を出し、現在のESG格付けセクターの無規制状態とそれによる透明性の欠如が投資家に潜在的なリスクをもたらすと助言した。2021年7月、欧州委員会は新たな「サステナブル・ファイナンス・ストラテジー」を打ち出し、その中でESG格付けの信頼性、比較可能性、透明性を高めるための行動をとることを約束し、その後、ESMAに対して市場参加者の調査を開始するように要請した。11月には、証券規制当局の基準設定機関であるIOSCOが、ESG格付けとデータ分野の透明性向上に注力し、規制監督の適用を開始するよう規制当局に要請している。ESMAは現在、同分野の補完的なコンサルテーションを実施中だ。

【関連記事】IOSCO、ESG評価・データ提供者の透明性向上を求め、規制当局の監視を要請

欧州委員会の諮問に対するAMFの回答では、規制当局がこの分野を対象とした取り組みについていくつかの提言を示している。その中には、将来の規制がESG格付のみを対象とするのではなく、ESGデータ、格付、サービスの全てを網羅すること、規制には方法論とデータソースの透明性を含めること、ESMAの下で欧州レベルでの監督の一元化を提案することが含まれている。また、AMFは、ESGデータやサービスのプロバイダーをESMAに登録するよう求めた。

【参照ページ】
(原文)The AMF reiterates its call for a European regulation of ESG data, ratings, and related services
(日本語訳)AMFは、ESGデータ、格付け、および関連サービスに関する欧州規制の必要性を改めて表明

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る