XL Fleet、住宅用太陽光発電事業者Spruce Powerを850億円超で買収

 

9月12日、自動車電動化企業のXL Fleetは、太陽光発電システム事業者のSpruce Powerを企業価値6億ドル(約854億円)で買収した。

本買収は、屋上太陽光発電、蓄電池、EV充電のための定額制ソリューションのプロバイダーとなるこを目指すXL Fleetの新たな企業戦略の基礎となるものである。

Spruce Powerは、分散型発電の住宅用屋上太陽光発電システムを所有・運営する米国最大の非上場企業であり、52,000人以上の加入者を有している。同社は、主に他社や投資家から住宅用太陽光発電システムのポートフォリオを相次いで取得することで、2019年以降、収益を2倍以上に伸ばしている。

Techによると、同社の新たな企業戦略は、エネルギーコスト上昇の影響を緩和し、より持続可能な社会を目指す消費者や企業から分散型発電やEVへの需要が高まる中で、定額制のサービスにより、多額の先行投資なしに新しい技術へのアクセスを可能にし、「住宅所有者や小規模事業者が屋上太陽光発電、蓄電、EV充電システムを簡単に所有・維持することが、高い需要がある」ことを示しているとのことである。

【参照ページ】
(原文)XL Fleet Completes Transformational Acquisition of Spruce Power, the Largest Privately Held Solar-as-a-Service Provider
(日本語訳)XL Fleet、住宅用太陽光発電事業者Spruce Powerを6億ドルで買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る