英・加の研究チーム、リサイクル洗浄水がマイクロプラスチック汚染の原因と発表

 

5月10日、英ストラスクライド大学と加ダルハウジー大学の研究チームは、プラスチックをマテリアルリサイクルする際の洗浄水が新たなマイクロプラスチック汚染の原因であると発表した。

本パイロット研究では、プラスチックリサイクル施設から水域へのマイクロプラスチック汚染放出の定量的理解を深めるために、英国の混合プラスチックリサイクル施設を調査した。

現在、プラスチック生産量と世界的なプラスチック汚染問題の増大に伴い、プラスチックリサイクルの増加と改善が必要とされている。プラスチックリサイクル施設などの点源から発生するマイクロプラスチック汚染に関する知識や評価は、世界的に見ても限られている。

未処理のリサイクル洗浄水には、5.97 106~1.12 × 108 MP m-3(蛍光顕微鏡分析による)のマイクロプラスチックが含まれていると推定された。マイクロプラスチック汚染の軽減(ろ過装置の設置)は、5μm以上のマイクロプラスチックの大部分を除去し、40μm以上のマイクロプラスチックについては高い除去効率を示すことが判明した。

5μm未満のマイクロプラスチックは、一般的にろ過で除去されず、その後排出され、年間59~1184トンが排出される可能性があることがわかった。洗濯排水の前に、より小さなマイクロプラスチックを除去するための追加ろ過を洗濯水管理に取り入れることが推奨される。マイクロプラスチックによる洗浄水汚染の証拠は、マイクロプラスチックを水質規制に組み込むことが重要である可能性を示唆している。

プラスチックリサイクル工程によるマイクロプラスチック汚染に関する知識を深めるために、さらなる研究を行う必要がある。

【参照ページ】
(原文)The potential for a plastic recycling facility to release microplastic pollution and possible filtration remediation effectiveness
(日本語訳)プラスチックリサイクル施設がマイクロプラスチック汚染を放出する可能性と可能なろ過浄化の効果

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る