AIガバナンス・アライアンス、責任あるAIの開発・活用で報告書発行

1月18日、AIガバナンス・アライアンス(AIGA)は、先進的な人工知能(AI)に関する3つの新しい報告書を発表した。これらの報告書は、生成的なAIガバナンス、AIの価値の創出、責任あるAIの開発と展開のためのフレームワークに焦点を当てている。

同アライアンスは、政府、企業、専門家を結集し、責任あるAI開発アプリケーション及びガバナンスを形成した上で、AI発展に向けた技術への公平な分配とアクセス向上を世界中で確保することをミッションとして掲げる。

AIは、グローバルな課題に対処する可能性を秘めている一方で、既存のデジタル・デバイドを拡大したり、新たなデバイドを生み出したりするリスクもはらんでいる。AI技術が急速なペースで進化し、先進国がAIイノベーションを活用しようと競争する中、発展途上国の数十億の人々が取り残されないようにするためには、デジタル・デバイドへの対応が急務となっている。

AIの開発と導入における国際協力と包括的アクセスについて、1つ目の報告書「Generative AI Governance: Resilient Governance and Regulation trackのShaping Our Collective Global Future」は、各国のアプローチを評価し、ジェネレーティブAIに関する主要な議論を取り上げ、分断を防ぐための国際的な協調と基準を提唱している。

「Unlocking Value from Generative AI: Guidance for Responsible Transformation」は、ジェネレーティブAIの責任ある導入に関するガイダンスを提供し、組織へのスケーラブルで責任ある統合のためのユースケースに基づく評価、マルチステークホルダー・ガバナンス、透明性のあるコミュニケーション、運用構造、価値に基づく変革管理を強調する。

さらに、最適化されたAIの開発と展開のために、新しい「Presidio AI Framework: Towards Safe Generative AI Models」も発表。本報告書は、責任共有と積極的なリスク管理の枠組みを構築することで、モデルのライフサイクルにおける標準化された視点の必要性に取り組んでいる。

AIGAはまた、ヘルスケアや教育などの主要分野におけるAIの利点を探求するためのリソースの動員も目指している。

【参照ページ】
(原文)AI Governance Alliance Calls for Inclusive Access to Advanced Artificial Intelligence
(日本語参考訳)AIガバナンス・アライアンス、責任あるAIの開発・活用で報告書発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る