WHO、薬剤耐性に関する国家行動計画を支援する13の重要介入策を提示

10月19日、WHOは、薬剤耐性(AMR)に関する国家行動計画を策定、実施、モニタリングする際に、各国の優先順位付けの指針となる13の介入策のコアパッケージを発表した。これらの介入策は、AMRに対する人々を中心としたアプローチを通じて、人々や患者が医療サービスにアクセスする際に直面するニーズや障壁に対処するものである。

世界的に、AMRは約127万人の死亡の原因となり、2019年には495万人の死亡に関連する主要な死因の一つである。AMRに対処できなければ、2050年までに世界経済に100兆米ドルのコストがかかると推定され、大きな経済的影響をもたらす。

AMRのための世界行動計画に基づいて策定されたアプローチとコア・パッケージは、人々のニーズとシステムの障害を中心に置き、政策立案者と一般市民のAMRに対する認識と理解を高めることを目的としている。また、薬剤耐性感染症の予防、診断、治療のための質の高い医療サービスへの公平で安価なアクセスの重要性を踏まえ、国レベルでのAMRに対するよりプログラム的で包括的な対応を支援する。

【参照ページ】
(原文)13 critical interventions that support countries to address antimicrobial resistance in human health
(日本語参考訳)WHO、抗菌薬耐性に関する国家行動計画を支援する13の重要介入策を提示

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る