Tech Zeroタスクフォース、参加社数100社を突破

Tech Zeroタスクフォース、参加社数100社を突破

8月12日、英テック企業に二酸化炭素排出量の削減を求める「Tech Zero」タスクフォースに、100社以上が参加したと発表された。

新たに加盟したのは、金融サービス比較サイト「Confused.com」、ベジタリアン向け宅配サービス「Oddbox」、英国最大のファッションレンタルプラットフォーム「My Wardrobe HQ」、自動車販売アグリゲーター「Auto Trader」、デザイン専門誌「Dezeen」などだ。

Tech Zeroタスクフォースは、英国内の企業が独自に二酸化炭素排出量の削減に取り組まなくても済むように、テック部門全体でネット・ゼロへの取り組みを加速することを目的としている。このタスクフォースは、企業が自社の排出量を測定し、ネット・ゼロ計画を立てることを容易にするために、「Tech Zero Toolkit」を発表している。

【参照ページ】
(原文)100 tech companies join forces to cut carbon emissions
(日本語訳)テクノロジー企業100社が二酸化炭素排出量削減のために協力

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る