カナダ機関投資家OMERS、2050年までにポートフォリオ全体でネット・ゼロ・エミッション達成にコミット

カナダ機関投資家OMERS、2050年までにポートフォリオ全体でネット・ゼロ・エミッション達成にコミット

11月25日、1,140億ドルの資産を有するカナダ最大級の機関投資家のOMERSは、2050年までに投資ポートフォリオ全体でネット・ゼロ・エミッションを達成するというコミットメントを発表した。

この新しい目標は、今年初めに発表された2025年までにポートフォリオの炭素強度を20%削減するという気候変動に関する目標に追加されるものだ。OMERSは、現在、再生可能エネルギー、エネルギー効率、グリーン認定の建物などに従事する180億ドル以上のグリーン資産をポートフォリオに保有しており、長期的に資産を持続的に成長させるプログラムを実施していると述べている。

新たな目標を掲げたOMERSは、世界的な気候変動の目標を支援するためにポートフォリオをシフトする投資運用の世界の大きな変化に加わる。今月初めに開催されたCOP26気候サミットにおいて、国連の気候変動対策・金融特使であり、GFANZの共同議長でもあるマーク・カーニーは、グローバル・ネット・ゼロ目標に賛同する金融セクター企業が代表する資本が130兆ドルに急増し、世界の金融資産の約40%を占めていることを明らかにした。

OMERSは、今回のネット・ゼロ目標に加えて5年ごとに中間目標を設定し、TCFDの勧告に沿ってポートフォリオ全体のカーボンフットプリントを毎年算出し、公開することを約束した。

【参照ページ】
(原文)OMERS commits to Net Zero 2050 emissions goal, building on its Sustainable Investing program
(日本語訳)OMERS、2050年までにポートフォリオ全体でネット・ゼロ・エミッションを達成することを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る