DOW、プラスチックリサイクルソリューションを開発するCyclyxコンソーシアムへの参加を発表

DOW、プラスチックリサイクルソリューションを開発するCyclyxコンソーシアムへの参加を発表

1月20日、Cyclyx Internationalは、DOWがCyclyxのコンソーシアムに参加したことを発表し、サーキュラーエコノミー化に向け一歩前進した。

Cyclyx Internationalは、あらゆる種類の使用済みプラスチックの革新的なリサイクルソリューションを開発するために、業界参加者とともに使用済みプラスチック原料の管理を行う企業である。Cyclyxは、先進的なケミカルリサイクルのリーダーであるAgilyx Corporationが、世界最大の化学会社の一つであるExxonMobil Chemical Companyと共同でコンソーシアム型の組織として設立した。

今回、DOWはCyclyxに加盟し、自社製品に応じてカスタマイズされた回収プログラムや、プラスチック廃棄物をベースにした循環型の原料設計等のイノベーションを共同で進める。また、Cyclyxは使用後のプラスチックの化学組成に関する広範なデータを活用し、AIと予測分析を用いてより再利用が困難なプラスチックをリサイクルに振り向けるイノベーションを追求する。

DOWのサステナビリティの歩みは30年以上前に始まり、現在では国連の「持続可能な開発目標」に沿って策定された第3世代の10年目標である「2025サステナビリティ目標」を達成し、さらに最近、気候変動とプラスチック廃棄物に特に対応するため、2030年までに100万tのプラスチックを回収、再利用、リサイクルできる追加目標を発表している。

【参照ページ】
Dow joins Cyclyx as consortium’s newest member

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る