カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Carbonは、正式に設立されたことを発表した。

本プラットフォームは、世界的なオルタナティブ資産企業であるTPGの支援を受け、気候変動に焦点を当てた投資戦略TPG Climate Riseとそのインパクト投資戦略であるThe Rise Fundから3億ドル(約400億円)の資本コミットメントを受けて立ち上げられている。

Rubiconによると、最初のエクイティ・ファイナンスでは、Bank of America、JetBlue Ventures、NGP ETPなどの投資家が参加し、総額10億ドル(約1,360億円)の資本コミットメントを目標としている。

本プラットフォームの設立は、炭素クレジットの需要が急速に高まっている一方で、市場の弱点や不均衡が明らかになりつつある現況を受けている。

温室効果ガスの排出を相殺するカーボン・オフセット・プロジェクトや関連するクレジットの需要は、今後数年間で大幅に増加すると予想されている。企業や事業者がネット・ゼロの目標を掲げ、自社の絶対量削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が難しいバランスとしてオフセットに注目する傾向が強まっているからである。

しかし、炭素クレジットの市場には、流動性の欠如、プロジェクトの有効性を評価するためのデータの不足や一貫性の欠如といった問題がある。

Rubiconのプラットフォームは、こうした問題に大規模に対処することを目的としており、独自のキュレーションやポートフォリオの構築、モニタリングや分析の強化など、技術に基づくサービスを提供している。 Rubiconの最初の商品であるRubicon Carbon Tonne (RCT)は、自然由来と非自然由来両方の炭素クレジットへのアクセスを提供する。また、本商品は、高品質で検証済みの幅広く多様な炭素クレジットの所有目録(発売時点で2,000万トンのCO2e)に裏打ちされたものである。

【参照ページ】
(原文)Rubicon Carbon Launches as Next Generation Carbon Solutions Provider
(日本語訳)Rubicon Carbon が次世代カーボンソリューションプロバイダーとして発足

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る