Molson Coors社、約100億円を投じ、プラスチック製リング包装を撤廃

Molson Coors社、8500万ドルを投じてCoors Lightからプラスチック製リング包装を撤廃

3月1日、ビール飲料メーカーのMolson Coors社は、Coors Lightのパッケージからプラスチック製リングを廃止し、今年中に完全にリサイクル可能な方法で調達したボール紙製のキャリアに移行することを目指し、8,500万ドル(約97億円)の投資を発表した。

Molson Coors社によると、今回の発表は、2025年末までに包装材を100%再利用可能、リサイクル可能、または堆肥化可能とし、消費者向けのプラスチック包装には少なくとも30%のリサイクル素材を使用するという目標を含む、同社のサステナビリティに関する公約の達成を前進させる。同社はすでに英国で販売するすべての主要ブランドでプラスチック製リングを廃止しており、カナダでも第一段階としてより持続可能なプラスチック製リングに移行している。

また、この投資により、Molson Coors社の北米の全ブランドポートフォリオが2025年末までに段ボール製のラップキャリアに移行し、年間170万ポンドのプラスチック廃棄物削減を見込んでいる。

【参照ページ】
(原文)Molson Coors Invests $85 Million to Eliminate Plastic Ring Packaging fromCoors Light
(日本語訳)Molson Coors社、8500万ドルを投じてCoors Lightからプラスチック製リング包装を撤廃

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る