UNEP FI、新たなリーダーシップ評議会設立。サステナブル・ファイナンスの流れを加速

UNEP FI、新たなリーダーシップ評議会設立。サステナブル・ファイナンスの流れを加速

11月18日、UNEP FIは、金融セクターをさらに活性化しサステナブル・ファイナンスを加速させることを目的とした、新しいリーダーシップ評議会の設立を発表した。

本評議会には、現在、UNEP FIのガバナンス機関であるグローバル運営委員会、責任ある銀行業務のための原則委員会、持続可能な保険のための原則委員会のいずれかに所属している銀行および保険会社のリーダーが参加する。国連事務次長兼国連環境計画事務局長のインガー・アンダーセン氏が議長を務める本評議会は、より強靭で公正かつ公平な未来のために、世界の金融業界を動員する重要な役割を担う。

19名の評議会メンバーには、Aon plc、African Risk Capacity Ltd、Allianz SE、AXA、Banco Hipotecario de El Salvador、BBVA、BNP Paribas、CAF、ICEA Lion、Insurance Australia Group、Nordea、Piraeus Financial Holdings、QBE、Shinhan Financial Group、Standard Bank、SulAmérica、TD Insurance、Vancity、Westpac GroupのCEOおよび議長が含まれている。

評議会は毎年開催され、業界全体で持続可能性の統合を形成し、主流化し、深化させる上でのUNEP FIの役割と国連の役割を方向付けるために、ビジョンと戦略的方向性を提供する。また、持続可能で弾力性のある包括的な経済を支援するために、金融界を動員していく。

第1回会合は11月末に開催され、ESGリスクと影響の主流化と統合、金融活動の調整、サステナビリティの統合、「グリーンな取引」から「グリーンな機関」への移行に向けた課題、ビジョン、解決策について検討する。会議の概要はイベント終了後に発表される。

【参照ページ】
(原文)NEW UNEP FI LEADERSHIP COUNCIL MARKS A STEP-CHANGE IN SUSTAINABLE FINANCE LANDSCAPE
(日本語訳)サステイナブル・ファイナンスの流れを一変させる、新たなUNEP FIリーダーシップ評議会設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る