欧州理事会、自動車の排ガス規制基準「ユーロ7」に関する見解を採択

9月25日、EU加盟国閣僚級の欧州理事会は、自動車の新たな排出ガス規制基準「ユーロ7」に対する見解「一般的アプローチ」を採択した。新規制は、自動車、バン、大型車を初めて単一の法律でカバーするもの。自動車の排出ガスに関するより適切な規則を定め、道路交通からの大気汚染物質排出のさらなる低減を目的としている。

「一般的アプローチ」では、小型車については現行の排出ガス規制と試験条件を維持。大型車の場合、排出ガス規制値は引き下げられ、試験条件も若干調整される。ユーロ7には、都市バスに関する特別規定も含まれており、これらの車両について新たに提案された2030年のゼロ・エミッション目標との一貫性を確保している。

ユーロ7では、ブレーキやタイヤから排出される粒子などの非排気エミッションの規制値を設定。EVにおけるバッテリーの耐久性に関する最低性能要件をカバーし、より厳しい車両寿命要件も課している。また、先進技術や排出ガス監視ツールの使用も規定されている。

一般的アプローチは、理事会の交渉姿勢を正式に示すもの。理事会議長国には欧州議会との交渉のための権限が与えられ、欧州議会がその立場を採択し次第、交渉が開始される。

【参照ページ】
(原文)Euro 7: Council adopts position on emissions from cars, vans, buses and trucks
(日本語参考訳)EU理事会、自動車の排ガス規制基準「ユーロ7」に関する見解を採択

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る