欧州理事会、自動車の排ガス規制基準「ユーロ7」に関する見解を採択

9月25日、EU加盟国閣僚級の欧州理事会は、自動車の新たな排出ガス規制基準「ユーロ7」に対する見解「一般的アプローチ」を採択した。新規制は、自動車、バン、大型車を初めて単一の法律でカバーするもの。自動車の排出ガスに関するより適切な規則を定め、道路交通からの大気汚染物質排出のさらなる低減を目的としている。

「一般的アプローチ」では、小型車については現行の排出ガス規制と試験条件を維持。大型車の場合、排出ガス規制値は引き下げられ、試験条件も若干調整される。ユーロ7には、都市バスに関する特別規定も含まれており、これらの車両について新たに提案された2030年のゼロ・エミッション目標との一貫性を確保している。

ユーロ7では、ブレーキやタイヤから排出される粒子などの非排気エミッションの規制値を設定。EVにおけるバッテリーの耐久性に関する最低性能要件をカバーし、より厳しい車両寿命要件も課している。また、先進技術や排出ガス監視ツールの使用も規定されている。

一般的アプローチは、理事会の交渉姿勢を正式に示すもの。理事会議長国には欧州議会との交渉のための権限が与えられ、欧州議会がその立場を採択し次第、交渉が開始される。

【参照ページ】
(原文)Euro 7: Council adopts position on emissions from cars, vans, buses and trucks
(日本語参考訳)EU理事会、自動車の排ガス規制基準「ユーロ7」に関する見解を採択

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る