日産、2030年までに欧州での新車販売を100%EVに

9月25日、日産は、2030年までに欧州での新型車を全てEVとすることを発表した。多くの国で内燃エンジンの販売禁止時期が議論される中、2030年までに欧州で100%EVを実現する計画を推進している。

日産は、英国にある日産デザイン・ヨーロッパ(NDE)と、日産テクニカルセンター・ヨーロッパ(NTCE)の2つの拠点を持ち、両拠点では4,000万ユーロ(約63億円)を超える投資プログラムを進行中。NDEでは、EVコンセプト「コンセプト20-23」を発表した他、NTCEでは、英国政府の支援を受け、住宅地や農村部の道路に焦点を当てた「evolvAD」と呼ばれる自動運転実証研究が行われている。

日産は「日産アンビション2030」のもと、2030年までに19のEVを含む27の電動化車両を投入する。また、2028年度までにEV用バッテリーのコストを65%削減するため、コバルトフリー技術の導入も進めている。

世界で販売された100万台以上の日産EVのうち、3分の1は欧州で販売されている。現在、EVは日産の欧州における総販売台数の16%を占めており、50%の電動化された販売構成の一部を成す。今後3年間で98%まで上昇する見込み。

【参照ページ】
(原文)Nissan counts down to electric-only sales in Europe
(日本語参考訳)日産、2030年までに欧州での新車販売を100%EVに

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る