日産、2030年までに欧州での新車販売を100%EVに

9月25日、日産は、2030年までに欧州での新型車を全てEVとすることを発表した。多くの国で内燃エンジンの販売禁止時期が議論される中、2030年までに欧州で100%EVを実現する計画を推進している。

日産は、英国にある日産デザイン・ヨーロッパ(NDE)と、日産テクニカルセンター・ヨーロッパ(NTCE)の2つの拠点を持ち、両拠点では4,000万ユーロ(約63億円)を超える投資プログラムを進行中。NDEでは、EVコンセプト「コンセプト20-23」を発表した他、NTCEでは、英国政府の支援を受け、住宅地や農村部の道路に焦点を当てた「evolvAD」と呼ばれる自動運転実証研究が行われている。

日産は「日産アンビション2030」のもと、2030年までに19のEVを含む27の電動化車両を投入する。また、2028年度までにEV用バッテリーのコストを65%削減するため、コバルトフリー技術の導入も進めている。

世界で販売された100万台以上の日産EVのうち、3分の1は欧州で販売されている。現在、EVは日産の欧州における総販売台数の16%を占めており、50%の電動化された販売構成の一部を成す。今後3年間で98%まで上昇する見込み。

【参照ページ】
(原文)Nissan counts down to electric-only sales in Europe
(日本語参考訳)日産、2030年までに欧州での新車販売を100%EVに

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る