UNGCとCBI、気候変動対策におけるCFOの可能性を概説

9月21日、国連グローバル・コンパクト(UNGC)の「SDGsのためのCFO連合と気候ボンド・イニシアティブ(CBI)は、新しい報告書「低炭素化の推進における最高財務責任者(CFO)の役割」を公表した。本報告書は、CFOが低炭素化への対応や遅れに内在するリスク・機会を管理する上で重要な役割を果たすことを強調している。

同書では、企業に対し、物理的・規制的・財務的な気候変動リスクや企業価値の低下、長期的な風評被害の可能性を指摘している。反面、CEOやCFOによる積極的な行動は、企業に持続可能な長期的競争優位性をもたらす可能性があると述べた。

本報告書は、時価総額9,300億ドル(約140兆円)の企業を代表する30人以上のCFOへのインタビューに基づいており、CFOが低炭素社会への移行を推進する上で極めて重要な役割を果たすことができることを明らかにしている。インタビューは2023年前半に実施された。インタビューに応じたのは、ABインベブ、エネル、EDP、ブラスケム、ベライゾン、テスコ、セメックス、ダノン、ハイデルベルク・セメント、ペトロナス、シュナイダーエレクトリック、アストラゼネカ等。

移行計画の策定を主導した人の割合は、CEOが33%、CFOが27%、取締役会が13%、経営陣が13%、サステナビリティチームが13%。CFOは、純粋な財務戦略を策定するだけでなく、ESG評価や非財務指標が株価や債券発行条件にも影響を与えていることも明らかとなった。また、CFOは、財務情報と非財務情報の一貫性の確保や、グリーンボンド・グリーンローン等での資金調達おける役割も認識している。

【参照ページ】
(原文)30 Chief Financial Officers representing nearly $1 trillion market cap outline the opportunities of climate action
(日本語参考訳)UNGCとCBI、気候変動対策におけるCFOの可能性を概説

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る