Lloyd’s、400億円超のプライベート・インパクト・ファンドを立ち上げ

4月13日、保険・再保険会社の Lloyd’s(ロイズ)は、「Lloyd’s Private Impact Fund 」の設立を発表し、気候変動緩和、気候適応、サーキュラー・エコノミー、ソーシャル・インクルージョンなどのテーマで、サステナビリティに焦点を当てた資産に投資するため、当初2億5千万ポンド(約415億円)を割り当てる。

Lloyd’sによると、本ファンドは、投資収益とインパクトという2つの目標に取り組み、資本需要が供給を上回る分野をターゲットとし、各投資先は国連の持続可能な開発目標(SDGs)7つのうちの1つに沿ったものとなっている。本ファンドは、EUのSFDR規制の第9条の原則に合致することが期待され、サステナブル投資またはCO2排出量の削減を目的としている。プライベート・インパクト・ファンドは、プライベート・エクイティ、インフラ、自然資本、不動産などの分野でグローバルに投資を行う予定である。

本ファンドは、Lloyd’sが先月Schroders Solutionsと共同で発表した「Lloyd’s Investment Platform」の第一弾で、資産クラスを超えた一連の厳選ファンドからなり、Lloyd’sの投資家はそれらへの投資やファンド間の割り当てが可能である。同プラットフォーム上のファンドは、Schroders Solutionsの助言を受けた第三者によって運用される。

【参照ページ】
(原文)Lloyd’s Investment Platform launches Private Impact Fund with templates £250m initial allocation for sustainability-focused assets
(日本語参考訳)Lloyd’s、2億5千万ポンドのプライベート・インパクト・ファンドを立ち上げ

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る