Lloyd’s、400億円超のプライベート・インパクト・ファンドを立ち上げ

4月13日、保険・再保険会社の Lloyd’s(ロイズ)は、「Lloyd’s Private Impact Fund 」の設立を発表し、気候変動緩和、気候適応、サーキュラー・エコノミー、ソーシャル・インクルージョンなどのテーマで、サステナビリティに焦点を当てた資産に投資するため、当初2億5千万ポンド(約415億円)を割り当てる。

Lloyd’sによると、本ファンドは、投資収益とインパクトという2つの目標に取り組み、資本需要が供給を上回る分野をターゲットとし、各投資先は国連の持続可能な開発目標(SDGs)7つのうちの1つに沿ったものとなっている。本ファンドは、EUのSFDR規制の第9条の原則に合致することが期待され、サステナブル投資またはCO2排出量の削減を目的としている。プライベート・インパクト・ファンドは、プライベート・エクイティ、インフラ、自然資本、不動産などの分野でグローバルに投資を行う予定である。

本ファンドは、Lloyd’sが先月Schroders Solutionsと共同で発表した「Lloyd’s Investment Platform」の第一弾で、資産クラスを超えた一連の厳選ファンドからなり、Lloyd’sの投資家はそれらへの投資やファンド間の割り当てが可能である。同プラットフォーム上のファンドは、Schroders Solutionsの助言を受けた第三者によって運用される。

【参照ページ】
(原文)Lloyd’s Investment Platform launches Private Impact Fund with templates £250m initial allocation for sustainability-focused assets
(日本語参考訳)Lloyd’s、2億5千万ポンドのプライベート・インパクト・ファンドを立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る