AXA、「AXA Forests for Good」プログラムを開始し、森林生態系への支援を強化

AXA、「AXA Forests for Good」プログラムを開始し、森林生態系への支援を強化

9月14日、AXAは傷ついた森林生態系を修復し、気候変動への耐性を高めるためのプログラム「AXA Forests for Good」を開始することを発表した。

3年間の本プログラムは、AXAがフランスに所有し、AXA IMが管理している15,000ヘクタールの森林のうち600ヘクタールで展開される予定である。本プロジェクトを実施するにあたり、AXAは、Reforest’Actionを中心に、フランス自然環境保護協会、Inrae、ジュラ自然環境保護協会、アグロパリテック、ソシエテアルパイン自然保護協会-フランス自然環境保護協会オートアルプからなる関係者のコンソーシアムによって取り囲まれる予定である。これらの企業は、環境、社会、技術、教育の専門知識を結集する予定である。

AXAの「Forests for Good」プログラムは、次の4つの主要な目的を持っている。

①地球温暖化と土地の人工化が生物多様性の損失に与える影響を、四半期ごとに圃場を訪れるコンソーシアムの専門家の測定によって調査すること。

②森林を再生させること。コンソーシアムは、いくつかの修復方法を検証した後、森林の多機能性(生物多様性の発展、二酸化炭素の吸収、バイオマテリアルの生産)を促進する種を推奨する予定である。

③気候変動と生物多様性の問題に対するアクサのリーダーシップを強化すること。本プログラムを通じて開発された実践は、その後、欧州レベルで適用され、民間および公的な林業部門と共有することができる。

④森林の役割に対する理解を深めることに貢献すること。外部的には、コンソーシアムのメンバーは、これらの森林のおかげで、学校における生物多様性の問題に対する認識を高めることができる。社内では、AXA Hearts in Actionによるアクションの提案や、パートナーや従業員への啓発活動などを行う。

「AXA Forests for Good」により、同グループはグローバルな森林保護計画を強化している。昨年、アクサは、森林生態系の持続可能な管理と生物多様性の保護を支援するために、15億ユーロ(約2,142億円)の投資プログラムを発表した。

【参照ページ】
(原文)AXA strengthens its support for forest ecosystems by launching the AXA Forests for Good programme
(日本語訳)AXA、「AXA Forests for Good」プログラムを開始し、森林生態系への支援を強化

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る