炭素回収・転換企業LanzaTech、捕集した炭素を燃料や製品に転換するプラントを建設へ

BrookfieldがLanzaTechに最大約1,444億円を投資し、捕集した炭素を燃料や製品に転換するプラントを建設へ

10月3日、炭素回収・転換(CCT)企業のLanzaTechは、クリーンエネルギー投資家のBrookfield Renewable Partnersと資金提携し、炭素を持続可能な燃料、繊維、包装材などの材料に転換するための商業規模の生産プラント開発に資金を提供することを発表した。

2005年に設立されたイリノイ州のLanzaTechは、生物学に基づくプラットフォームにより、回収した炭素を、化石資源から生産されるはずの原料に変換する。ランザジェットの技術は、製鉄所の排出ガスを、持続可能な航空燃料、衣料品、洗濯用洗剤、家庭用洗剤、高級香料などの製品に変換している。

また、商業規模のガス発酵プラント2基で3,000万ガロン以上のエタノールを生産し、15万トン以上のCO2を大気中に放出するのを相殺したことに相当する。

今回の新しいパートナーシップの下で、Brookfieldは新しいCCTプロジェクトの建設と運用のために最初に5億ドル(約722億円)を投資し、その資金はBrookfieldの最初のネット・ゼロに焦点を当てたインパクトファンド、Brookfield Global Transition Fundを通じて提供される。また、BrookfieldはLanzaTechに5000万ドル(約72億円)を投資し、さらなる企業発展を支援する。

さらに、Brookfieldは、欧州と北米におけるLanzaTechCCTの機会に対して優先的な資本パートナーとなり、合意したマイルストーンで十分なプロジェクトが利用可能になった場合、パートナーシップへの投資に対してさらに5億ドル(約722億円)をコミットする可能性がある。

Brookfieldは昨年、ネット・ゼロ移行に特化したファンドを立ち上げ、2022年6月に最終クローズを発表、150億ドル(約2.1兆円)を調達し、ネット・ゼロ・カーボン経済への世界的移行を促進するための、これまでで最大のプライベート・エクイティ・ファンドとなった。

【参照ページ】
(原文)LanzaTech and Brookfield Form Strategic Partnership with an Initial $500 Million Commitment
(日本語訳)LanzaTechとBrookfieldが戦略的パートナーシップを締結、初期投資額は5億ドルへ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る