CDP、2023年度の環境情報開示Aリスト企業を公表

CDP、2023年度の環境情報開示Aリスト企業を公表


2月6日、国際NGOのCDPは、2023年度のAリスト入り企業を発表した。CDPの評価対象は、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」の3分野であり、今年は特に気候変動分野において増加傾向が見られた。

CDPによると気候変動分野では、346社がAスコアを獲得した。昨年よりも63社多い数字だ。3つの分野すべてでAリスト入りした企業は10社で、昨年よりも2社減少した。

CDPは、機関投資家によって設立されたNGOであり、約740の機関投資家がそれぞれのプログラムに署名し、活動を支援している。日本では、東証プライム市場上場企業を含む約2,000社がCDPの調査に回答した。

CDPによると、2023年には、世界の株式市場の時価総額の約3分の2を占める約23,000の企業がCDPを通じて情報を開示した。一方で、時価総額26.6兆ドル(約3,995兆円)相当の上場企業を含む38,000以上の企業が、金融機関や顧客からの開示要請に応じなかったり、回答に十分な情報を提供しなかったとして、Fスコアを付けられた。

Aリスト入りした日本企業は以下の通り。

気候変動

  • 世界全体: 346社
  • 日本企業(赤字で表示されている企業): 109社

ウォーター

  • 世界全体: 101社
  • 日本企業(赤字で表示されている企業): 36社

フォレスト

  • 世界全体: 30社
  • 日本企業(赤字で表示されている企業): 7社

日本企業の中で、花王、積水ハウス、中外製薬、コカ・コーラ・ボトラーズ・ジャパン・ホールディングス、大和ハウス工業、デンソー、日本たばこ産業、小松製作所、コーセー、クボタ、明治ホールディングス、三菱電機、三菱地所、日本電気(NEC)、小野薬品工業、リコー、セイコーエプソン、積水化学工業、塩野義製薬、サントリーホールディングス、トヨタ紡織、横河電機の企業は、気候変動とウォーターの両方でAリスト入りを果たした。

また、豊田通商、資生堂は、気候変動とフォレストの両方でAリスト入りを果たした。日清オイリオグループ、ユニ・チャームが、ウォーターとフォレストの両方でAリスト入りを果たした。

以上の結果から、「気候変動」「ウォーター」「フォレスト」全てでAリスト入りしたのは、バイヤスドルフ、ダノン、花王、ケリング、クラビン、Lenzing、ロレアル、Mayr-Melnhof Karton Aktiengesellschaft、フィリップ・モリス・インターナショナル、積水ハウスの計10社である

【参照ページ】
(原文)Rising disclosure numbers show more companies considering climate and nature impacts, but just under 400 reporting data aligned with CDP’s highest benchmark

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る