EU委員長、持続可能な植物保護剤規則案の撤回を提案

2月6日、欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、EU議会での演説において、持続可能な植物保護剤(PPP)の使用に関する規則案の撤回を意向したことを表明した。本規則案は、EUの食料・農業政策「Farm to Fork戦略」の一部として2022年6月に提案され、2030年までに化学合成農薬の使用とリスクを50%削減することを目指していた。

しかし、2023年11月に欧州議会での議決では否決され、その後もEU理事会でも進展が見られない状況が続いていた。フォン・デア・ライエン委員長は、本規則案の撤回を正式に提案すると表明した。

一方で、持続可能な農薬の使用については重要な政策であり、今後も農家との対話を重視したアプローチが必要だと述べた。この対話には、農家、若手農家、農村コミュニティ、産業界、金融機関、消費者団体、環境団体、アカデミアなどが幅広く参加する予定である。

一部の国々では、農家らが規則案に反対して道路を封鎖する抗議運動が展開されている。フォン・デア・ライエン委員長は、気候変動の影響やウクライナ戦争によるエネルギー・肥料価格の上昇など、農家が直面している課題に理解を示した。

【参照ページ】
(原文)Speech by President von der Leyen at the European Parliament Plenary on the conclusions of the European Council meetings, in particular the special European Council meeting of 1 February 2024

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る