欧州委員会、2040年までに90%の二酸化炭素排出削減目標を提案

2月6日、欧州委員会はEUの2050年までにカーボンニュートラルを達成するためのロードマップに関する詳細な影響評価結果を発表した。その結果、2040年までに二酸化炭素排出量を1990年比で90%削減する必要があると勧告された。これに基づき、今後、EU加盟国を含む全てのステークホルダーとの協議が開始される予定である。

この評価は、欧州科学諮問委員会(ESABCC)が担当した。EUでは、最新の5年平均で気温が産業革命以降に2.2℃上昇し、気候関連の経済被害は過去5年間だけで1,700億ユーロ(約27兆円)に上ると推定されている。ESABCCは、現在の排出水準が続く場合、EUのGDPが約7%低下する可能性があると指摘したが、気候変動緩和を強化することで経済的利益や健康上の利益が得られるとも述べた。

欧州委員会は、2040年までに90%の削減目標を達成するためには、2030年の55%削減目標の完全な実施や産業競争力の確保、公正な移行への注力、国際パートナーとの公平な競争条件の確保など、いくつかの条件が必要だと強調した。また、エネルギー部門では再生可能エネルギー、原子力発電、省エネ、バッテリー技術などの脱炭素ソリューションが重要であり、運輸部門や農業部門でも技術的ソリューションとカーボンプライシングの組み合わせが強化される必要があると述べた。

【参照ページ】
(原文)Commission presents recommendation for 2040 emissions reduction target to set the path to climate neutrality in 2050

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る