ペプシコ、約4,000億円を投じ、クローズドループ・パートナーとリサイクル・イニシアチブを開始

ペプシコ、約4,000億円を投じ、クローズドループ・パートナーとリサイクル・イニシアチブを開始

食品・飲料大手のペプシコは、循環型経済の投資家であるクローズド・ループ・パートナーズと共同で3,500万ドル(約4,000億円)の投資を行い、「クローズド・ループ・ローカル・リサイクル・ファンド」を立ち上げた。

本ファンドは、米国内でリサイクルが行われていない、あるいは行われていない地域において廃棄物を削減し、リサイクルされたプラスチックや有価物の供給を促進することを目的としている。 それぞれの施設では、年間8,000トン以上の材料をリサイクルでき、より高品質なプラスチックを得ることが可能だ。また遠くの施設への材料の輸送にかかるコストと排出量の削減も見込まれる。

両社は、地域社会がリサイクルインフラを利用できないのは資金不足や材料を処理する施設からの地理的な距離が原因であることが多いと述べている。新しい小型モジュール式MRFはこれらの問題を解決し、大規模な施設に比べて少ない資本で導入でき、遠くの施設に材料を輸送する必要性を減らすことができる。

今回の発表は、ペプシコが昨年発表した包括的なサステナビリティフレームワーク「pep+」に続くもので、農業慣行、気候、水、パッケージのサステナビリティ、消費者の健康など、幅広いESGの取り組みを網羅している。また、ペプシコは、2030年までに全世界の食品・飲料ポートフォリオにおいて、1食分のバージンプラスチックを50%削減することや、プラスチックパッケージにリサイクル素材を50%使用することなど、一連のパッケージに関する目標を発表した。

【参照ページ】
(原文)PepsiCo Beverages North America Invests $35 Million to Help Close Gap In Recycling Access through investment in Closed Loop Local Recycling Fund
(日本語訳)ペプシコ、約4,000億円を投じ、クローズドループ・パートナーとリサイクル・イニシアチブを開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る