EU、大型車の排出基準新規則を採択

5月13日、EU理事会は、大型車のCO2排出基準に関する規則を正式に採択した。新規則は、交通からのCO2排出量をさらに削減し、2030年、2035年、2040年の新たな目標を導入するものである。

改正規則では、現行規則の適用範囲が拡大され、CO2排出量が認証されたほぼすべての新型大型車(小型トラック、都市バス、長距離バス、トレーラーを含む)が、排出削減目標の対象となる。

また新規則は、重量16tを超える大型貨物車の排出量を15%削減するという現行の2025年目標を維持している。EUの2030年以降の気候変動目標に沿って、同規則は段階的な目標を設定しており、 2035年以降、中型貨物車、重量7.5tを超える大型トラック、バス、および対応する職業用車両に適用される。

新規則は、2035年までに新車の都市バスについて100%のゼロエミッション目標を導入し、2030年までに同カテゴリーについて90%の中間目標を導入する。

同規則は2027年に有効性と影響についてEUが見直しを行う予定。また、今後新型大型車のライフサイクル全体のCO2排出量を評価・報告方法を開発する可能性について評価すると示している。

【参照ページ】
(原文)Heavy-duty vehicles: Council signs off on stricter CO2 emission standards

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る