持続可能な採鉱ソリューション企業Ceibo、43億円超を調達

持続可能な採鉱ソリューション企業Ceibo、43億円超を調達

8月15日、持続可能な採鉱ソリューション企業であるCeiboは、シリーズB資金調達ラウンドの終了時に3,000万ドル(約43億円)以上の資金を調達したと発表した。本資金は、銅をより経済的かつ持続的に抽出するための浸出プロセスの加速を目的としている。

銅は、低炭素経済への移行を支えるために必要な主要材料のひとつ。エネルギー、輸送、産業システムが電化へと大きくシフトするにつれ、今後数年間で需要が増加すると予想され、持続可能で経済的な抽出方法の必要性が高まっている。

チリのサンティアオを拠点とするCeiboは、銅の生産量を増やすと同時に、水の使用量と採掘による環境への影響を減らすことができる浸出プロセスを提供している。リーチングは最も持続可能な鉱物の回収技術のひとつだが、埋蔵量の多い地中深くにある銅には効率が悪く、水とエネルギーを大量に消費する濃縮・製錬プロセスが一般的だった。Ceiboのプロセスは、通常では適用できない埋蔵量にリーチングを可能にする。同プロセスは、操業への統合が容易なように設計されており、鉱山の既存のインフラを利用する。

今回の資金調達は、エネルギー転換に特化したベンチャーキャピタル投資家エナジー・インパクト・パートナーズが主導し、CoTecホールディング、オードリー・キャピタル、オリオン・インダストリアル・ベンチャーズ、Unearthキャピタル、Opaltonといった鉱業に特化した投資家、さらに既存の投資家であるKhoslaベンチャーズとAurusベンチャーズが参加した。

Ceiboは、このラウンドの終了時に、鉱山大手BHPのベンチャーキャピタル部門であるBHPベンチャーズも投資家として参加したことを発表した。

【参照ページ】
(原文)BHP Ventures invests in Ceibo US$30M fundraising
(日本語参考訳)持続可能な採鉱ソリューション企業Ceibo、43億円超を調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る