日産自動車、2030年にアルミ部品の全量を低CO2アルミ製に

5月17日、日産自動車は、2030年までにアルミニウム部品の全量をグリーンアルミニウムまたはリサイクルアルミニウムを使用する低CO2アルミニウム製部品に置き換えることを目指すと発表した。本年度から新型車と現行車を含めたすべての車両で、低CO2アルミニウム製部品の採用を進める。

同社は、新型車については2027年度以降に生産を開始する全車で、アルミニウムを原材料とする部品に低CO2アルミニウムの適用を進める。また現行車は本年度より、日本・米国・欧州において低CO2アルミニウム製のホイール・サスペンション部品・アクスル部品・ハーネスなどの調達を順次開始し、2024年度末時点で、同地域において調達するアルミニウム部品で使用される新規採掘アルミニウムの約20%が、グリーンアルミニウムまたはリサイクルアルミニウムに置き換わる予定。

グリーンアルミニウムは、非化石由来の電力で製錬されており、アルミニウム地金製造時のCO2排出量を約50%削減できる。また、リサイクルアルミニウムはCO2排出量を約95%削減できる。同社は、日本だけでなくグローバルで、加工済みの部品を含めた全てのアルミニウム部品に低CO2アルミニウムを採用することで、より一層のCO2排出量削減を推進すると示している。

【参照ページ】
(原文)日産自動車、2030年までにすべての車両に使用するアルミニウム部品の全量を低CO₂アルミニウムに置き換え

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る