ExxonMobil、サハリン1の操業停止とロシアでの新規投資中止を決定

 

3月1日、ExxonMobilはロシアの軍事行動を受け、石油開発プロジェクト「サハリン1」からの撤退を発表した。

ExxonMobil は発表した声明の中で、ロシアの軍事行動がウクライナの領土の一体性を侵害し、国民を危険にさらしたことを遺憾に思うと発表した。また、国際的対応を支持し、すべての制裁措置を完全に履行すると宣言した。

ExxonMobilは、サハリン1の運営企業として、人々の安全・環境保護などを確保する義務を強調しており、操業中止のプロセスが共同出資者の間で慎重に管理され、安全に実行される必要性を説いた。

また、ExxonMobilはロシアでの新たな開発には投資しない方針を示した。

【参照ページ】
(原文)ExxonMobil to discontinue operations at Sakhalin-1, make no new investments in Russia
(日本語訳)ExxonMobil、サハリン1の操業停止とロシアでの新規投資中止を決定

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る