再生可能バイオ燃料メーカーGlobal Clean Energy Holdings、ExxonMobilより166億円の資金調達を実施

再生可能バイオ燃料メーカー、Global Clean Energy Holdingsが1億4500万ドルの資金調達を実施

3月2日、Global Clean Energy Holdings(GCEH)は、ExxonMobilが主導する優先株取引での1億4,500万ドル(約166億円)の調達を発表した。

GCEHは、超低炭素の先端バイオ燃料とバイオマテリアルの生産に使用される非食品ベースの原料を専門に扱っている。今回の調達資金は、GCEH社のカリフォルニア州ベーカーズフィールドのバイオリファイナリープロジェクトの転換を完了し、国産のカメリナ油を持続可能な燃料に加工する原料生産事業の開発を進めるために使用される。

Exxonは本取引の一環としてGCEHの取締役会の2席を獲得した。燃料および潤滑油部門の米州フィード&プロダクトマネージャーであるAmy Woodsとプロセスエンジニアリング部門マネージャーのNicholas Jonesが取締役に就任する予定だ。

【参考記事】Exxon、エネルギー転換のリーディングカンパニーへのコミットを宣言

またExxonは「エネルギー転換をリードする」意向を表明し、排出量の削減と低排出量事業の成長・発展のために150億ドル(約1兆7,000億円)以上の投資計画を発表した。今回の買収は、Chevronが再生可能ディーゼルおよびバイオディーゼル製造会社のRenewable Energy Groupを買収したように、大手石油・ガス会社による再生可能燃料事業への拡大の動きを受けている。

【参照ページ】
(参考記事)Global Clean Energy Holdings Closes $145 Million Equity Financing and Appoints Two New Board Members

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る