EU理事会、世界的な食料不安に対する支援策を表明

6月20日、EU理事会は、食糧安全保障に及ぼす最悪の影響に対処するために、世界のパートナーとともに世界的な食糧不安に対するチーム・ヨーロッパの対応に関する結論書を承認した。

結論において、理事会は、弱い立場にある人々が前例のないレベルの食糧不安に直面していることに深い懸念を表明している。ロシアのウクライナに対する不当な、いわれのない、違法な侵略戦争は、食糧安全保障の危機を劇的に悪化させた。ロシア軍はウクライナの耕地を砲撃し、占領し、農場、貯蔵施設、食品加工施設、設備、輸送インフラを破壊している。彼らはウクライナの港を封鎖し、世界市場への何百万トンもの穀物の輸出を阻んでいる。

EUとその加盟国は、最も被害を受けたパートナー諸国と連帯し、対応能力があり、責任感があり、信頼できるグローバルなアクターとして支援を強化していく。この精神に則り、EU理事会は、世界的な食糧不安に対して、以下の4つの行動からなる「チーム・ヨーロッパ」としての対応を要請する。

①緊急支援と経済的余裕のための支援を通じた連帯
②持続可能な生産、回復力、食糧システムの転換を促進
③ウクライナがさまざまなルートで農産物を輸出するのを支援し、世界貿易を支援することによる貿易の円滑化
④効果的な多国間主義、および世界的な取り組みを調整する国連の世界危機対応グループの中心的な役割への強い支持

ロシアの世界市場への食糧輸出に対するEUの制裁はない。EUの制裁は、ロシアの農産物の輸入や輸送、ロシアの輸出品に対する支払い、第三国による種子の提供を禁止するものではなく、制裁対象の個人と団体を対象とするだけである。制裁は、特に食品や農産物を対象としないように設計されており、関連する場合、分野別の禁止事項には、これらの製品に関する特定の例外が含まれている。EUの制裁措置は、第三国や第三国の非EU事業者には適用されない。

【参照ページ】
(原文)Global food insecurity: Council approves conclusions on the Team Europe response
(日本語訳)EU理事会、世界的な食料不安に対する「チーム・ヨーロッパ」の対応に関する結論に合意

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る