みずほ銀行、データセンターを再生可能エネルギーに移行し、排出量を20%削減

みずほ銀行、データセンターを再生可能エネルギーに移行し、排出量を20%削減

7月22日、みずほ銀行は、国内の7つの大規模物件を再生可能エネルギーに移行し、主要データセンターの電源を100%再生可能エネルギーで賄うことが可能になったことを明らかにした。

本発表は、みずほのグループ会社7社全体で、2019年比で20%の炭素排出量削減を実現し、2030年までにスコープ1および2(業務およびエネルギー消費)のカーボンニュートラル化を目指すという同社の気候目標に向けた大きな一歩となる。みずほは、日本における電力使用量がグループの排出量の約80%を占めていると指摘した。

データセンターへの需要が急増する中、世界のデータセンターが気候変動に与える影響は増大し、すでに世界の炭素排出量の2%に達しており、航空業界の排出量にほぼ匹敵している。みずほは、主要なデータセンターではグリーン電力から直接電力を供給し、その他のデータセンターでは日本の固定価格買取制度によらない再生可能エネルギーを調達していると発表している。

本発表は、みずほが今年初めに5億ドルのグリーンボンドを発行し、再生可能エネルギーを含む環境維持プロジェクトへの資金供給を目的としていたことに続くものである。

【参照ページ】
使用電力の再生可能エネルギーへの切り替えについて
~基幹データセンターにおける使用電力 100%を再エネ化~

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る