関西電力、オリックスと蓄電池事業を開始

7月14日、関西電力は、オリックスと和歌山県紀の川市で蓄電器事業を実施することで合意したと発表。2024年4月の事業開始を目指し、関西電力初となる大型蓄電池を導入する。

本事業は、調整力の供出や再生可能エネルギーの余剰電力の吸収、需給ひっ迫時の放電を可能にし、電力需給の安定化や再生可能エネルギーの導入加速に寄与する。さらに、事業開始以降は需給調整市場や日本卸電力取引所、容量市場等の電力市場での取引を通じ、電力需給の安定、および、カーボンニュートラルの実現に貢献する。

同社は今年、事業開始に向けて8月から設置工事を開始する予定だ。

【参照ページ】
オリックスと蓄電所事業へ参入
~電力需給の安定および再生可能エネルギーの導入加速を目指して~

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る