EU議員団、グリーンボンド規制を強化・拡充

5月17日、EU議会の経済金融委員会は、EU委員会が計画しているEUグリーンボンド基準(EuGB)のより厳格なルール作りと、グリーンボンド市場全体の規制をさらに進めるための一連の提案を発表した。

同委員会によると、本提案は、グリーンボンド市場の透明性と監督を改善し、グリーンウォッシュを減らすことを目的としている。

EU理事会は先月、EuGBの提案を承認し、最終規則に関する交渉をEU議会に進めた。本発表で、同委員会はEU委員会の提案にいくつかの変更を加える。

【関連記事】EU理事会、欧州グリーンボンド規則の推進に合意

新提案では、新規則の適用範囲が大幅に拡大され、グリーンボンド市場全体をカバーする規則が導入されることになる。規則では、グリーンボンドの発行による収益の用途に関して、EUの新しい分類法規制との整合性を求め、グリーンボンドが資金提供するプロジェクトが “人や地球に害を与えない “ことを保証するセーフガードの提供を発行者に義務付けることになる。

グリーンボンド基準の規則案では、EuGBラベルを使用するすべての発行体に対して、その活動の主要な悪影響を特定し制限するプロセスとともに、検証済みの気候変動計画を持つことが要求される。さらに、外部審査員の利益相反を少なくし、規則に従わない企業はEuGBの発行を禁止できるよう、監督規則の強化が盛り込まれた。

また、委員会の提案では、発行者が規則を守らなかった場合にグリーンボンドの価値が下がった場合、投資家に法的救済手段を提供することで、EuGB発行者の説明責任を強化する。

新規則では、グリーンボンドの資金を原子力や化石ガス関連の活動に充当する企業に対し、EuGBのファクトシートの最初のページに声明文を追加することも求めている。原子力とガスがEU分類法に「グリーン」活動として含まれることについては、いくつかの加盟国がこの動きに対抗する計画を発表し、論議を呼んでいる。

【参照ページ】
(原文)European Green Bond Standard: new measures to reduce green washing

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る