EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに 

4月21日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングのプロバイダーであるEcoVadisと、 ソーシャル・インパクト・プログラムという形で営業・調達(プロキュアメント)の差別化要因を提供するSaaS企業であるGivewithは、「サステナブル調達協定(Sustainable Procurement Pledge; SPP)」の最初のスポンサーとなったことを発表した。

SPPは、調達専門家、学者、実務家のための国際的なボトムアップのNPOで、責任ある調達慣行に関する意識と知識を高め、調達に携わる人々の能力向上を目的に2021年に発足した。

EcoVadisとGivewithは、2021年にNPOが発足して以来、SPPを支援してきた。今回、両社は、コミュニティの規模と範囲を拡大し、エンゲージメントとサポートプログラムを充実させるための資金的な寄付を行い、コミットメントを拡大した。

【参照ページ】
(原文)EcoVadis and Givewith accelerating the growth of the Sustainable Procurement Pledge as its first official Supporters
(日本語訳)EcoVadisとGivewith、「サステナブル調達協定」初の公式サポーターに

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る