Kraft Heinz、2030年までにバージン・プラスチックの使用量を20%削減することを約束

Kraft Heinz、2030年までにバージン・プラスチックの使用量を20%削減することを約束

7月31日、アメリカの食品会社Kraft Heinzは、2030年までに包装に使用するバージン・プラスチックの使用量を最大20%削減するという新たな目標を設定したと発表した。これは化石燃料の消費を最小限に抑え、事業全体でより持続可能な代替パッケージへの移行を目指すKraft Heinzの取り組みを支援する重要な一歩となる。

本目標が達成されれば、2021年の基準値と比較して、1億ポンドのバージンプラスチックの使用が削減される見込みである。今回の発表は、プラスチック使用量を削減し、より広範なパッケージング目標を達成するために、Kraft Heinzが以前に行った投資に基づいている。

具体的には、2025年までに100%リサイクル可能、再利用可能、または堆肥化可能な包装を作る努力と、2050年までに温室効果ガス排出量(GHG)をネット・ゼロにする努力が含まれている。

同社はすでに、イギリス、ブラジル、ヨーロッパ市場で販売するボトルのほとんどを、再生素材30%に移行している。Kraft Heinzとパルペックス社は昨年、繊維ベースのソリューションをさらに追求するため、Kraft Heinzのトマトケチャップ製品用に、持続可能な方法で調達した木材パルプを100%使用した紙ベースのリサイクル可能なボトルを開発するために提携した。現在、このボトルのプロトタイプをテスト中で、市場に投入する前にその性能を確認している。

2021年、Kraft HeinzはWestrockと協力し、英国のマルチパック缶詰製品に環境に優しいパッケージを導入した。Kraft Heinzは2030年までにバージンプラスチック使用量を20%削減することを誓約した。また、この誓約はGlobalDataのPackaging Gatewayが作成・発行したものである。

このサイトに掲載されている情報は、一般的な情報提供のみを目的として誠意を持って掲載されている。また、その正確性や完全性に関して、明示的か黙示的かを問わず、いかなる表明、保証、保証も行わない。当サイトの内容に基づいて何らかの行動を取る、または取るのを控える前に、専門家または専門家の助言を得る必要がある。

【参照ページ】
(原文)Kraft Heinz Announces Goal to Reduce the Use of Virgin Plastic Globally by 20 Percent – or more than 100 Million Pounds – by 2030
(日本語訳)クラフト・ハインツ社、2030年までに全世界でバージン・プラスチックの使用量を20%(1億ポンド以上)削減する目標を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る