SABIC、サイエンテックスと協力し、海洋プラ由来の食品パッケージを開発

12月21日、石油化学大手SABICは、マレーシア化学大手サイエンテックスと協力し、SABIC認定の海洋プラスチック由来のサーキュラーポリプロピレン(PP)を使用した、世界初のフレキシブル食品パッケージの材料を開発した。この素材は、マレーシアで販売されている高級ブランド麺の包装に使用される。

本プロジェクトで使用される海洋プラスチックは、回収され、高度なリサイクルプロセスで熱分解油に変換される。SABICはこの油を代替原料として、認定された循環型PPポリマーを製造し、さらにBOPPフィルムに加工する。サイエンテックスは、このフィルムからパッケージを製造する。

SABICの認定サーキュラーポリマーは、TRUCIRCLEポートフォリオとサービスの一部を構成している。また、リサイクル性を考慮した設計、メカニカルリサイクル製品、バイオベースの原料から作られる再生可能な認定ポリマー、プラスチックを高品質な用途にリサイクルし、貴重な使用済みプラスチックが廃棄物となるのを防ぐためのクローズドループ構想も提供している。

【参照ページ】
(原文)SABIC ENABLES SCIENTEX GROUP IN DEVELOPING WORLD’S FIRST PP FLEXIBLE FOOD PACKAGING USING POST CONSUMER RECYCLED (PCR) OCEAN BOUND PLASTIC
(日本語参考訳)SABIC、サイエンテックスと協力し、海洋プラ由来の食品パッケージを開発

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る