欧州委員会、代替供給源の確保に向け、新タスクフォース創設 

5月25日、欧州委員会は代替供給源の確保を目的とした「EUエネルギー・プラットフォーム・タスクフォース」の設立を発表した。同委員会によると、新たなタスクフォースにより、EU加盟国および近隣諸国は今後数年間、代替エネルギー供給を手ごろな価格で利用できるようになる。本タスクフォースは2022年6月1日(水)に業務を開始し、REPowerEU計画に概説されている課題に直ちに取り組む。

本タスクフォースは、3つのユニットで構成される。シムソン委員の政治的監督のもと、これらのユニットは、世界の需要と国際交渉、加盟国および近隣諸国との関係、国際関係を扱うことになる。

また、本タスクフォース欧州委員会のエネルギー総局内に設置され、EUエネルギー・プラットフォームへの支援と供給の多様化を実施する。供給源の多様化は、欧州委員会による「REPowerEU計画」の目標のひとつであり、EUのロシア産化石燃料への依存を2030年より「かなり前に」終わらせることを目標としている。

欧州委員会とEU加盟国は、今年4月、EUエネルギープラットフォームを設立し、EUのガスと水素の購入を支援する自主的な調整機構とすることに合意した。同プラットフォームは、パイプラインガス、液化天然ガス(LNG)および水素の自主的な共同購入を含め、EUのエネルギー供給を確保するための方策を調整することを目的としている。

今月初め、欧州委員会とブルガリアは、欧州南東部の近隣諸国との調整のために、最初の地域タスクフォースを立ち上げた。中欧、北西部、バルト海をカバーするさらなる地域タスクフォースが近々提案される予定である。欧州委員会はREPowerEU計画において、次の段階として、参加国に代わってガス購入の交渉と契約を行う「共同購入メカニズム」の開発を検討することを発表している。

【関連記事】EU、グリーンエネルギーへの移行を拡大 ロシア化石燃料への依存削減のため約40兆円投資

【参照ページ】
(原文)REPowerEU: Commission establishes the EU Energy Platform Task Force to secure alternative supplies
(日本語訳)REPowerEU 欧州委員会、代替供給源の確保を目的とした「EUエネルギー・プラットフォーム・タスクフォース」を設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る