アントラ・エナジー、排出ガスゼロの熱電併給ソリューションで220億円を調達

2月23日、ゼロエミッションの産業用熱電併給ソリューション・プロバイダーであるアントラ・エナジーは、シリーズB資金調達ラウンドで1億5,000万ドル(約220億円)を調達したと発表した。

工業用加熱は、材料を金属やプラスチックなどの製品に加工するために、多くの場合化石燃料由来のエネルギーを大量に使用する。再生可能エネルギーが豊富で安価になる一方で、風力や太陽光のような断続的なエネルギー源からのエネルギーを産業規模で貯蔵することは難しく、多くの産業が再生可能エネルギーに切り替えることができていない。

2017年に設立されたカリフォルニアに本拠を置くアントラ・エナジーは、低コストの断続的な再生可能電力を信頼性の高い産業用エネルギーに変換する熱電池を提供している。本ソリューションは、再生可能エネルギーを使用して、断熱モジュール内で固体炭素のブロックを高温に加熱し、同社の熱電併給(TPV)技術を使用して非常に高い効率で電気を供給するだけでなく、貯蔵された熱の供給を産業用に要求される規模と温度で可能にする。

本資金調達ラウンドは、ブラックロックとテマセクによるベンチャーキャピタルとプライベートエクイティのパートナーシップであるDecarbonization Partnersが主導したもの。2050年までにネット・ゼロ経済への移行を加速させる技術やソリューションを提供する企業への投資を目的としている。

【参照ページ】
(原文)Antora Raises $150 Million to Slash Industrial Emissions: A Letter from Our Founders
(日本語参考訳)産業界の脱炭素化スタートアップ、アントラ・エナジーが排出ガスゼロの熱電併給ソリューションで1億5000万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る