メドトロニック、初のチーフ・サステナビリティ・オフィサーを任命

2月21日,医療機器メーカーのメドトロニックは、ラマン・ヴェンカテッシュ氏を同社初のチーフ・サステナビリティ・オフィサーに任命し、環境サステナビリティ戦略の策定と実行を主導する責任を負うと発表した。

ヴェンカテッシュ氏はデンマークのサステナビリティ・テクノロジー企業アクアポリンからメドトロニックに入社し、エグゼクティブ・バイスプレジデントとして商業活動を含むグローバル・マーケット・ソリューションを担当した。また、タウ・ベンチャーズでは、AIに特化したVCファンドやヘルスケア、エネルギー、モビリティ分野の投資先企業に助言を提供してきた。また、SAEインターナショナルのEVP兼COO、Eureka Forbesの戦略ビジネスユニットCEOなどの要職を歴任。

メドトロニックの環境目標には、2030年までに事業運営上のカーボンニュートラルを達成し、2045年までにスコープ1、2、3の排出量を含めてネット・ゼロエミッションを達成するという野心と、再生可能エネルギーと代替エネルギーから50%のエネルギーを調達し、水使用原単位を15%削減し、廃棄物原単位を15%削減するという2025年目標が含まれている。同社は2023年、科学的根拠に基づく短期的な排出削減目標と、科学的根拠に基づく目標イニシアティブ(SBTi)による検証のための長期的なネット・ゼロ目標を設定し、2025年に提出することを約束した。また、2023年には、循環型社会と包装材削減に関するいくつかの新たな目標を設定した。

【参照ページ】
(原文)SWANSON SCHOOL ALUMNUS RAMAN VENKATESH APPOINTED INAUGURAL CHIEF SUSTAINABILITY OFFICER AT MEDTRONIC
(日本語参考訳)メドトロニック、初のチーフ・サステナビリティ・オフィサーを任命

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る