AM Batteries、グリーンEVバッテリー技術で44億円を調達

12月4日、クリーンテック新興企業のAM Batteriesは、トヨタ・ベンチャーズが主導する資金調達ラウンドのシリーズBで3,000万ドル(約44億円)を調達したことを発表した。調達資金は、製造プロセスのCO2排出量とコストを削減する乾電池電極製造技術の商業化を加速させることを目的としている。

2016年に設立されたマサチューセッツ州に本拠を置くAM Batteriesは、電極製造工程における化学物質の量と全体的なCO2排出量を大幅に削減する技術を開発している。同社のドライバッテリー電極(DBE)プロセスは、電極の乾燥と溶媒回収の必要性をなくすことで、バッテリー電極を製造する工程数を削減する方法を採用しており、有害な溶媒の必要性をなくしながら、コスト、時間、エネルギーの削減を実現している。同社は、このソリューションがより環境に優しいバッテリーの商業化をサポートし、大量市場導入に向けてEVのコストを削減する最良の選択肢を模索するOEMやセルメーカーを支援すると述べている。

今回の資金調達ラウンドには、トヨタ・ベンチャーズに加え、戦略的投資家であるポルシェ・ベンチャーズと旭化成が参加し、RAキャピタル・マネジメント、プラネタリーヘルス、ウィルソン・ソンシーニ、インダストリー・ベンチャーズが金融投資を行った。本ラウンドには、Anzu Partners、TDK Ventures、Creative Ventures、Doral Energy-Tech Ventures、Foothill Ventures、Zeon Venturesなどの既存投資家も参加している。

【参照ページ】
(原文)AM Batteries Closes $30M Series B led by Toyota Ventures to Accelerate the Commercialization of its Dry Battery Electrode Technology
(日本語参考訳)スタートアップAM Batteries、グリーンEVバッテリー技術で44億円を調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る