AIベースのESGデータ収集スタートアップESG Flo、約7億円を調達

AIベースのESGデータ収集スタートアップESG Flo、約7億円を調達

10月31日、AIを活用したデータ・インフラ・プラットフォームESG Floは、525万ドル(約7億円)のシードキャピタルを獲得したと発表した。

ESG Floは、Bain & Companyのファウンダーズ・スタジオ内で2022年に設立され、産業、製造、インフラ部門の企業が堅牢で監査可能なESGデータ・インフラを構築できるよう支援する。同テクノロジーは、AIの自動化とディープラーニングを活用して組織全体のデータを収集し、EUのCSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive)や米国証券取引委員会の非財務情報開示要件に準拠した報告書を作成する。

ESG Floは、新しい資本を使用し、CSRDとSEC対応ソリューションを提供するためにソリューションを拡大し、AIエンジンを進化させるために製品開発のためのエンジニアを雇用し、より多くの顧客をサポートするために成長とマーケティングチームを拡大すると述べた。

今回の資金調達ラウンドは、Rho IgnitionとTola Capitalが共同で主導し、Bain & CompanyとContour Venture Partnersが参加した。

【参照ページ】
(原文)ESG Flo, an AI-Powered Data Infrastructure Platform, Raises $5.25 Million in Seed
(日本語参考訳)AIベースのESGデータ収集スタートアップESG Flo、約7億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る