LOIM、気候変動に特化したサステナブルプライベートクレジット戦略を開始

LOIM、気候変動に特化したサステナブルプライベートクレジット戦略を開始

5月24日、グローバルな資産運用会社である Lombard Odier Investment Managers(LOIM)は、気候変動に焦点を当てた、新しいサステナブルプライベートクレジット戦略を立ち上げ、環境庁年金基金(EAPF)が本ファンドの最初の決算のための基幹投資家として参加したと発表した。

LOIMサステナブルプライベートクレジット戦略は、多様な北米の気候変動に関連する産業に対して、プライベートローンの提供を目的としている。本戦略は、直接融資戦略よりも市場の相関性が低く、魅力的なリスク調整後リターンの獲得を目指すと同時に、資金効率の低い市場においてオーダーメイドの構造化された流動性を提供する。

クレジット戦略は、Sustainable Finance Disclosure Regulations(SFDR)第9条に分類される。

EAPFは、英国における環境の保護と改善のための主要な公的機関である。英国の地方政府年金制度(LGPS)の一部を構成し、環境庁(EA)の現役および閉鎖型年金基金に代わって、約45億ポンド(約7,000億円)の資産を管理している。

【参照ページ】
(参考記事)Lombard Odier Investment Managers launches Sustainable Private Credit Strategy
(日本語訳)LOIM、サステナブルプライベートクレジット戦略を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る