日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な投資の一環として、20兆円規模の「GX(グリーントランスフォーメーション)経済移行債」(仮称)を発行する計画の概要を発表した。

日本は、2050年までに温室効果ガスを46%削減する2030年中間目標を掲げ、ネット・ゼロ・エミッションの達成を約束している。昨年、政府は、2030年までにエネルギーミックスに占める再生可能エネルギーの割合を20%未満から36%〜38%にほぼ倍増させる計画を発表した。

近頃の政府の試算では、国の脱炭素化目標を達成するためには、今後10年間で150兆円以上の官民投資が必要である。

岸田首相は、クリーンエネルギー戦略を議論するエネルギー専門家との会合で、今後10年間の投資ロードマップの提供を約束した。また、20兆円の政府支援が必要であると予測し、民間投資を促進するために政府のコミットメントを示すために、事前の資金調達を約束した。

首相によると、本計画は、ロシアのウクライナ侵攻により、エネルギー安全保障の強化や化石燃料の輸入依存からの脱却の必要性が強調されるようになったためである。

首相はまた、炭素排出量にコストを導入するカーボンプライシングの実施検討についても言及し、クリーンエネルギー移行への資金源として活用する可能性もあるとした。

政府はこの夏、グリーン移行と資金調達計画をさらに発展させるための委員会の設置を目指している。

【参照ページ】
「クリーンエネルギー戦略」に関する有識者懇談会

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る