Eastman、完全循環型リサイクル研究において、USAMP、PADNOS、Yanfengとのプロジェクト成功を発表

Eastman、自動車市場における完全循環型リサイクル研究において、USAMP、PADNOS、Yanfengとのプロジェクト成功を発表

4月19日、 自動車リサイクル企業であり、世界的な自動車内装サプライヤーであるEastmanは、自動車市場における完全循環型リサイクル研究において、USAMP、PADNOS、Yanfengとのプロジェクト成功を発表した。Eastmanは、共同作業を通じて、使用済み自動車を破砕する際に出る副産物からプラスチックリサイクルを世界で初めて実証した。

自動車が寿命を迎えたとき、金属、タイヤ、ガラスは、従来の機械的なリサイクルの流れでリサイクルできる材料の80%~90%を占めている。残りの10~20%は自動車破砕残渣(ASR)と呼ばれ、混合プラスチックやその他の非リサイクル材料で、現在は埋立地に置かれるか、廃棄物発電技術によって回収されている。PADNOSは、Eastmanの炭素再生技術(CRT)の持続可能な原料として、ASRのプラスチックを多く含む画分を提供した。

Eastmanは、ASR原料を合成ガスに変換し、ポリエステルやセルロース系熱可塑性プラスチックの製造に使用する実証実験に成功した。生産工程で得られた樹脂は、さらに配合され、延峰に供給される。Yanfengがデモ用に成形した部品は、Ford、GM、StellantisといったさまざまなOEMの要件を満たすテストに成功し、真の循環型ソリューションの概念実証が行われた。

本研究は、Eastmanの2つの分子リサイクル技術の1つであるカーボンリニューアルテクノロジー(CRT)の実現可能性を証明するもので、プラスチックを多く含むASRを分子構成要素に分解する。Eastmanは、これらの複雑なプラスチックをCRTでリサイクルすることにより、化石由来の原料を代替し、新しい自動車用途に使用するための性能を損なうことなくポリマーを作成することができる。

米国自動車研究会(USCAR)の子会社であるUSAMPは、廃棄物を埋立地から転換するだけでなく、エネルギーの節約と温室効果ガス排出の削減の可能性も見出している。

Deloitte Consulting, LLPの推定では、毎年100億ポンド以上のASRが世界中で埋立地に送られている。

【参照ページ】
(原文)Eastman and partners announce success with automotive market recycling study
(日本語訳)Eastmanとパートナーは、自動車市場のリサイクル研究の成功を発表しました。

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る