Maersk、Volvo社製の電気式トラックを受注し、ゼロエミッション社用車を拡大

Volvo

Maerskは、Volvo社製の電気式トラック16台を発注したことを発表した。この新しいトラックは、ローカルおよびリージョナルな貨物輸送用に設計されており、南カリフォルニアで地域貨物を輸送する予定だ。

【参考記事】Maersk、カーボンニュートラル燃料を使用する大型船8隻を発注

Maerskによると、この契約は物流の脱炭素化を目指す同社のESG戦略の一環として


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る